Yogaの歌姫ダフネ・ツェの半生/2017年5月インタビューより

現在、キールタンやYogaのシンガーとして世界中を旅しているダフネ・ツェさん。

人を惹きつけてやまない彼女の歌声と同じぐらい、その人柄も魅力的な方。

こちらは5月14日に開催されたHeart Celebration*でのダフネ・ツェさんへのインタビューを記録したものです。

Daphne: 今日は母の日ですね。そんなスペシャルな日に、こんなにたくさんの人にお集まりいただき、ありがとうございます。

ハートギャザリングに呼んで頂いたことを とても光栄に思っています。

ここに来ると、いつもこう、家に帰ってきたような。そんなホッとする場所でもあります。

ここで会えるみんなは本当に家族のような存在です。

いつもありがとう。

アメリカはテキサス生まれ、中国とメキシコの血を受け継いだダフネ・ツェ。明るく歌が好きな子供だった彼女は、教会で歌を歌い始めた。

H*:まずは、ダフネさんがどのように音楽の人生を歩んでこられたのかをお聞かせください。

Daphne:私が生まれたのはテキサス。

父は香港、中国の国籍で、母はメキシコ人。

そして彼らはテキサスで出会いました。

私は6人の子供の中の3番目として生まれました。

で、お父さんがよく言っていたんですけれど、私は常に歌を歌っている子だったらしいんです。

すごくにぎやかな子だったみたいで、自分の声を楽しむこと、探求することにすごく喜びを感じる子だったんです。

だから、今も何も変わってないのかも(笑)。

カトリックの家族に生まれたので、教会によく行っていました。

なので私が最初に歌を歌うことを始めたのは 教会だった。

だから若い頃は、その教会で、みんなと一緒に歌を歌うことをとても楽しんでいました。

あとは、POPミュージック。

そういった人気の音楽を歌うことが好きだったわ。

鏡の前に立って、髪の毛をこうとかしながら(笑)、その時の流行りの曲をよく歌っていたかな。

人前で歌うようになってから、純粋に歌を楽しんでいた自分からは、どんどん離れていってしまったダフネ。その頃求められていたものに、頭が支配されていってしまったという。

でも高校の頃はまだ、私はソロで歌うことは苦手だったの。

少し恥ずかしい面もあって。

誰かと集団で歌うということは好きだったんだけど。

そしてシャワーの中でひとりで歌うことはとても好きだったわ。

でも、その頃の先生がね、私にソロで歌わせたんです。

だから、14歳まではソロで歌ったことがなかったの。

テキサスは音楽が盛んで、フォークミュージックも有名だったので、そういった音楽も好きだったし、またいろんな歌手の声を聞いて、あんなふうに歌手になれたらいいな、歌えたらいいな、と常に夢は持っていました。

そんな中、私の所属する歌のサークルの活動では、他校と競争をしてどこが一番よかったか、というふうに決めるような大会もあったの。

その頃は完璧・完全というのを求められていて、そういったものがもうパッケージになって、早くもこのころからそういったものが自分の中に強くあったんですね。

可愛くなくちゃいけないとか、よく歌わなくちゃいけない。

正しく、正しい音程で歌わなくちゃいけないとか、どのようにして人からよく見られるか。ということをとても意識していました。

そういう意味では、大学に入る頃まで、私は歌を歌うことを競争していたと思います。

だから、歌を歌うことが頭で支配されるようになっていたんですね。

頭で支配されるようになっていて、心で感じることを忘れてしまうようになってしまっていました。

大学卒業後はロサンゼルスに移動しました。レコーディングの契約を取りたかったんですね。

コマーシャル等の歌を歌えたらいいなと思って、LAに行きました。

それが22歳。

契約をしたら写真を撮られたり、オーディションを受け続けるような日々が続きました。

そして、オーディションを受ければ受けるほど、自分を見失っていくのがわかるんです。

胸が大きくなくちゃいけないとか、もっと綺麗でなくちゃいけないとか、ね。

それぞれのオーディションで違うことを求められて、どんどん自分というものをーーなんて言うんでしょう、自尊心ていうのですかねーーそういうものを失っていきました。

それぞれの場所でこのようにいなくてはいけないということを言われるので、そのたびに、そのようでなくちゃいけないんだと 自分を変えていったんですね。

その頃の私の目的、ゴールというのは、レコーディングカンパニーとの契約を取ることだったんです。

そのためなら何でもしました。

自尊心を失い、歌うことの理由、目的がわからなくなってしまった時、ダフネはある決断をして、新しい人生が始まった。

同時に、なぜこれをしているのか、どうして私は音楽が好きなのか、というその理由を忘れてしまっていたんです。

でも、ある日 ふと思ったの。

もう、やめよう。

そしてヨーロッパに行こう、

と。

それから全てを売り払いました。

そして片道チケットを買ってパリにいきました。

ギターを片手に、ひたすら旅を続けました。

特にツテがあったわけでもなく、知っている人もいなかったけど、ただ世界が見たくて旅に出ました。

そして、ヨガと出会ったんです。

違う文化 違う人々と触れ合うことによって、ハリウッドで植えつけられた外見がどうあるかっていうことの良し悪しの概念は、現地の人のとの情熱に触れることによって少しづつ変わっていったんですね。

そして、スペインがとても気に入りました。

特にギター。

そして、曲を書き始めるようになりました。

この頃に、自分の人生に一度リセットボタンを押したような。そんな感じです。

それからポーランドで、ある男性ミュージシャンに出会ったの。

彼はストリートで生活していて、ずっと1日中音楽を奏でていたわ。

彼に感銘を受けて、彼とともに歌って、そして彼の歌を書いたりして楽しく過ごしたんだけど、ギリシャについた頃にはもうまったくお金がなくなっていました。

そして、とうとう母に電話をしました(笑)。

そうしたら、母がみずからヨーロッパに来てくれたんです!

会いに来てくれた。

彼女にとっても初めてのヨーロッパだったんじゃないかな。

「状況はわかった」と。

「ダフネと、あなたと一緒にバックパッカーになるよ」と!

この日来場していたダフネさんのお母様。

「ドント ウォーリー(心配しないで)ツアー」という名前をつけたんです。 (会場爆笑)

そういった、いろんな冒険を母と共に過ごしてきました。

ある時は真夜中のホームで電車を乗り過ごして、でも、

「大丈夫。この電車が最後じゃないから。次もやってくるから。」て。

でも、それが最後の電車だったんです(笑)。

今日は母の日なのでお母さんのことを思い話しているんですけれど、この時が母との関係性をもう一度、再構築できたすごくいい機会だったと思っています。

そしてイタリアのミラノに移動しました。

そこには特に有名なものはないのですが、公園に行くだけで本当に気持ちが落ち着くような、そういう美しい景色に恵まれていました。

そこにとっても美しい教会があったの。

そして中からコーラスの声が聴こえたんですね。

それは本番ではなくリハーサル中だったと思うのだけど、長い長いの旅の終盤にたどり着いたミラノのとある教会で聴こえてきたコーラスの響き。

本番ではないので、誰も人が居ない。

私と母だけ。